友人に勧められた海外留学で成功体験

留学をした際にボランティアを経験した

私は大学2年生のときに初めてカナダに留学をしました。そこの大学では、様々な人種の人々がいました。特にアジア系の留学生が多かったなと感じました。中には日本人も3人いて凄く頼りになりました。そしてカナダ人は英語があまり喋れない私の片言英語を理解してくれ、分からない英語を教えてくれたり、遊びに誘ってくれたり、本当に親切で優しかったです。留学をしていろいろな価値観にも触れることができました。

約1ヶ月間経ったころ、小学校にボランティアをするプログラムに参加しました。校舎を綺麗にしたり、花を埋めたりしました。そしてそこの小学生達とお弁当を一緒に食べたり、遊びを教えてもらいました。5日間通ったとき私は、読み聞かせをしてあげようと思い図書室を案内してもらいました。そのとき私が感じたことは、ほとんど使われてなさそうだな、なんかただ本が並べてあるという感じでした。私が小学生の時の図書室は、おすすめコーナーを作ったり、壁に絵をはってあったりと居るだけでも楽しいという場所でした。このことをボランティアのメンバーや先生方に相談してみると、賛同してくれました。図書室を皆で改造し、サプライズで子供達に見せると皆驚き喜んでくれました。私が日本に帰ってきたときに、子供達が図書室を楽しんで使っている姿がうつっている写真が送られてきました。それを見てボランティアは人の為だけではなく自分も幸せになれるんだと実感しました。