友人に勧められた海外留学で成功体験

留学やボランティアは社会人からでもできます

留学をすることは見聞を広げるという意味で人生においてプラスであると言えます。また海外でボランティアをするという経験も貴重です。日本に止まって物事を考えていると視野が狭くなるのは間違いないです。視野が狭くなると結局、他人と同じようなアイデアしか出せない人間になってしまう原因になりかねません。他人と同じ発想しか持てない人は社会では評価が低くなってしまいます。どうしてもそういった場合は自分を変える必要性が出てくるでしょう。就職してみて同僚と自分がほとんど変わらない人間であれば、今は心地よい場合も多いですが、後々困るのは自分ではないでしょうか。今もすでに大手企業ではリストラが続いています。これは景気が良くなろうとも情勢は変わらないと思います。

そういった状況に対応していくためには社会人から留学をしてまた学んでいくということが必要でしょう。日本ではそういったことは非常に特別なことと思われがちですが、社会人でも留学をして研鑽を積むということは普通のことなのです。またボランティア活動を通して自己を高めるということも非常にプラスです。それは海外へ行っても良いでしょうし、今国内でやっていってもいいと思います。本当に困っている人のために何かをすることで見えてくるものがあると思います。つまり視野が広がるということです。こういう考え方はとても大切で、常に自分を成長させていくことが必要不可欠です。人生は長いので長期的に自分を作っていきましょう。